久しぶりに。


alain mkli(アランミクリ)から新しいコレクションが発表されました。


「プリンスサスーン」コレクションと題されたシリーズで、アランミクリのルーツでもある(両親がアルメニア生まれ)アルメニア伝統の古典物語にインスパイアされたものです。


まず、1本だけ入荷したので、そちらから。


「alain mikli AL1111 M016 51□18-135 ¥45.150」


アランミクリらしいフロントメタル+アセテートテンプルのコンビネーションモデル。


シンプルなディテールですが、レンズシェイプやトリプルブリッジ、細い線が描く独特のブローラインなど、らしさが満載です。



正面から。エレガントで洗練された表情を作り出してくれそうです。


レンズの縦幅もあるので、遠近両用レンズもバッチリいけます。



華やかな色彩もアランミクリらしいところ。


アルメニア伝統の古典物語のダイナミックなストローク、カラーリング、ディティール、そしてストーリーが、細部までこだわった眼鏡をデザインする引き金となり誕生したコレクションを、ぜひ店頭でお楽しみください。