かわいいメガネケース。


今から約150年前の明治時代、その当時描かれた図案集や帯の裂地(きれじ)が保存された蔵と出会い、京都で立ち上がった「seisuke88」というファクトリーブランド。古くから京都西陣に伝わる文様をモダンに復刻しています。


「seisuke88」とアイウエアアクセサリーを手がける「DT&COMPANY」がコラボしたメガネケースが入荷しました。


「seisuke88 左から(椿ブルー)(合歓の木ブルー)(枝垂桜ホワイト) ¥2.800+tax」


どの柄も、とてもカワイイ!ですよね〜。


150年前の図案をスキャンしデジタルデータ化。そこに現代のライフスタイルに合ったダイナミックなカラーリングを施し生地を作っています。


生地の表面はコーティングしてあるので、汚れにも強いですよ。撥水や抗菌消臭加工もされています。


こんなケースだったら、バッグに入れて持ち歩きたくなりますね。