新色に新レンズを搭載。


リトルアクトのお客様では、野球、自転車、ジョギングなどでお使いいただくことの多い「RUDY PROJECT(ルディプロジェクト)」。


ノーズパットやテンプルが自在に調整でき、日本人の顔にフィットしやすく、ほぼ全てのモデルで「度付き対応」ということで、とても満足度の高いブランドです。


人気モデル「ZYON(ジオン)」に新色が登場しました。今期から登場した新レンズを搭載して。


「RUDY PROJECT(ルディプロジェクト) ZYON(ジオン) ホワイトグロスフレーム インパクトXハイフォトレンズ ¥23.100(in tax)」

(重量:32g レンズ幅:65mm ブリッジ幅:16mm テンプル長:126mm 高さ:41mm 8カーブ)


登山やトレッキングなどのハードなアウトドアシーンにも対応可能な「ZYON(ジオン)」。最大の特徴は、取り外し可能な「サイドシールド」。



片方だけ外してみました。この「サイドシールド」をつけるとこで、サングラスと顔の間から差し込む有害な太陽光やそのギラつき、細かいゴミの巻き込みなどを防いでくれます。


また「インパクトXハイフォト」レンズは、数秒で可視光線透過率が16〜40%の範囲で変化する優れものです。


「RUDY PROJECT(ルディプロジェクト) ZYON(ジオン) グラファイトフレーム ハイコントラストレンズ ¥22.050(in tax)」


今期からの新シリーズ「OUTDOOR」のカラーリングでも登場です。


「ハイコントラスト」と名付けられたレンズは、ブラウン・アンバー系のカラーレンズで、コントラストや奥行きを際立たせる効果があります。


可視光線透過率は18%で、アウトドアの環境で最適な視界をもたらしてくれます。


「ZYON(ジオン)」は人気モデル「RYDON(ライドン)」とインナークリップが共通なので、差し替えて使うことも可能ですよ〜!